フリーランス日記

フリーランスになった理由~フリーランス日記~

以下の不満を解消するため、会社員をやめてフリーランスになった『NaruTaku』と申します。

会社員時代の不満

・収入の限界(給料が上がらない)

・自由な時間が持てない(会社に拘束される)

・人間関係がしんどい

※フリーランスになり、これらの不満は解消されました(収入も増え、自分の時間を増やし、のびのびと働くことができております)

40代でフリーランスとして独立したのですが、フリーランスになってわかったことや思うところ、感じたことなどをつらつらと「フリーランス日記」として書いていこうと思います。

今回はフリーランスになった理由について書いてみようかと思います。

フリーランスになった理由

「フリーランス日記」はこの記事が初の記事になるのですが、まずはなぜフリーランスになろうと思ったかについて書いてみようと思います。

理由は冒頭に書いております通り、会社員として以下の不満を持っていて、これらをなんとかしたいとしたいと考えておりました。

会社員時代の不満

・収入の限界(給料が上がらない)

・自由な時間が持てない(会社に拘束される)

・人間関係がしんどい

会社員時代から漠然と「自由になりたい」と思ってましたが、以下のような不安もあり、独立してもうまくいくイメージを持てておりませんでした。

独立する不安

・会社員時代より収入が下がるのではないか

・仕事が安定しないのではないか(安定して収入を得ることができない)

・税金や保険などが高くなるのではないか

会社員だと、給料はそれほど良くないけれども雇用が保証されているので、極端に言えば会社で仕事をしてなくても安定して給料がもらえるわけです。また、税金や保険関連も会社がやってくれます。

その代償として会社に縛られますので自由に働くことはできないわけですが、みんなそうなのだから…と納得しておりました。

そして、会社員として経験を積んでいき、不満のない人などいないことがわかり

NaruTaku
NaruTaku
みんな会社で我慢してやってるんだから、きっとそれが正解なんだ…

みたいな考えに、知らず知らずのうちになっていました。

特に、私のように大した学歴もなく特別なスキルや経験のない人間はそうするしかないと思っていました。

なので当然のように、世間一般のルールに従い、年齢が上がるにつれ管理職よりの仕事になっていき、手を動かすことが少なくなっていきました。

給料も少しずつですが上がっていたので、

NaruTaku
NaruTaku
まあ、これでいいや…これが普通さ…

と半ば思考停止になっていたのですが、お客様との調整や、予算・進捗などの管理、企画を通すための根回しなどやりたくもない仕事がメインになってくると、

本当にこれでいいのか?

と考えるようになりました。

そして、自分の将来を本気で考えたとき、あまりにもリアルに未来が想像できてしまいました。

うだつの上がらないおっさんのままサラリーマン生活を終え、少ない退職金をもらって引退する。

そんな未来です…絶望しました…

これに絶望した私は、

そんなんでいいわけない!

と思い、本気でどうなりたいかを考えました。そして、考えに考え、

自分の好きなことをして、かつ、お金や時間に縛られない生活がしたい!

という安易な答えにいきつきました笑

ただ、答えは安易でしたが、本気でそう思いましたので、実現方法を考えました。まず、自分の好きなことはモノづくりです。設計して、開発して、まだまだ手を動かして、いろんなモノを作りたい。

40歳を超えても開発をやらせてくれる会社はあるので転職も考えたのですが、これまでの経験とスキルで転職しても給料はしれています。そして、時間にも縛られます。

なので、サラリーマンという選択肢はなくなり、フリーランスになることを本気で考えだしました。

フリーランスの友人や、フリーランス専門のエージェントさんの話を聞きまくったのですが、驚いたことに、私のスキルであれば、十分に年収1000万円超えを狙えるとのことでした。サラリーマン時代が600万円でしたので、一気に400万円上がることになります。

このときに「サラリーマンという雇用の安定を捨てれば、自分の力で1000万円は稼げるんだ」と知り、自分の進む道はこちらだと思いました。そして、会社に雇用されてないので縛りもありません。案件をもらっても、それ以外に自分で稼ぐ力を身につければ収入源を増やしていけます。

もちろんリスクもあります。サラリーマンと違ってダメなら切られ、収入は0になります。でも、そうなっても、それが『自分の力で稼ぐ』ということです。

そんなことを考えるとわくわくしてきました。40歳を超えているのに笑

会社の後ろ盾をなくし、わくわくしながら自分の力で挑戦し、収入はサラリーマン時代に比べ格段に上がる。

そして、調べたり、独立した人の話を聞くと、フリーランスでもやりようによっては保険料をおさえられ、会社員のときはできなかった節税ができることもしりました。このあたりを勉強してうまくやれば、やりようによっては手元に残るお金はサラリーマン時代の倍以上になる。

この事実を知って、独立する不安もなんとかなると思えた私は、

『よし、こっからは人生守りでなくて勝負しよう!』

と決意し、フリーランスになりました。

以上がフリーランスになった理由ですが、結局、独立して初めて契約できた案件は年収900万円強の案件でした。

もちろん、この収入だけでは自由になることはできないので、もっと稼ぐ必要があります。ただ、確実に一歩目を踏み出せた実感はあります。

会社員時代に失ってしまってた前向きさが蘇ってきました笑

私はソフトウェア開発に限らず何かを作り出すことが好きなので、ゲームを作ったり、シナリオを書いたりもしているのですが、フリーランスになりましたので、これらの活動にも本気で取り組み、こっちでも稼げるようになるつもりです。

ここからさらに稼げるようになるかどうかは自分次第ですが、数年後振り返ったときに

「あのとき、独立する決断をして本当によかった」

と思えるよう、全力で頑張っていきたいと思います。

そして、節税もいろいろと方法をがあることを教えていただきましたので、さらに勉強して、賢くお金を増やしていきたいと思っています。(もちろん、違法なやり方ではありません^^)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NaruTaku

40代のフリーランスエンジニア・シナリオライター。 20代前半から20年間エンジニアとしてキャリアを積みフリーランスへ転身。ソフトウェア開発とゲーム開発、シナリオ執筆をメインに、プログラミング講師・Webライターとしても活動。また、フリーランスになり見た目の重要性に今さら気づき、ヒゲ脱毛を実施中。

-フリーランス日記